加圧トレーニング

加圧トレーニングは軽い負荷、短時間で大量の成長ホルモンを分泌させますので、しっかりとレーニング効果が出ます。
適正圧で加圧ベルトを巻き運動をすると、血管が締め付けられ血流が悪くなり、酸素供給が減少、トレーニング部位に乳酸がたまります。
体に乳酸がたまると、脳は”体が傷を負った”と捉え、細胞再生のための成長ホルモンを分泌します。
この成長ホルモンの引き出し法は、脳には”目がないこと”を利用したもので、体の調整はもちろん、情緒の安定にもとても良いトレーニングです。
脳には目がないので、実際に何が起きているかは見えません。脳は物質を基準にして判断を下すのです。
乳酸が溜まったという事実だけを情報として受け取り、それに反応します。乳酸が溜まった→それなら怪我をしたに違いない→すぐに細胞再生のために成長ホルモンを送らねば…というわけです。
東京大学大学院の石井直方教授の研究では、加圧トレーニングで、安静時の290倍もの成長ホルモンが分泌されたことが証明されました。
成長ホルモンには免疫機能の強化、脂肪の減少、骨密度の上昇、皮膚弾力の増加、血管年齢の若返りなどの効果があります。
運動をすることの最終目標は、歯を磨かなければ気持ちが悪いように、”体を動かすことが普通に生活の中に入り込んでいること”ですので、
低負荷で疲労感が少なく回復が早い、短期間で結果の得られる加圧トレーニングは、継続しやすく皆さまにお勧めいたします。